074115

10人に1人が悩んでいるといわれている、女性の薄毛。気付いた時には地肌が透け透けで、分け目を変えてもはげを隠せないという人も多いのではないでしょうか。

気温の変化と乾燥の激しい「春」と「秋」は特に抜け毛が増えるので、早めに対策していく必要があります。まずは、女性の薄毛の原因を理解して、正しいケアで髪を育てていきましょう!

h5生活習慣を見直す
女性の薄毛に直結する大きな原因として、生活習慣の乱れからくる頭皮環境の悪化が挙げられます。

具体的には、睡眠不足からくる頭皮の入れ替え(ターンオーバー)の遅延や、ストレスを受けることで自律神経が乱れ、毛細血管の血流が低下し、発毛が阻害されるといった問題があります。

紫外線やパーマ、毛染め、食生活の乱れ、間違った頭皮ケア、運動不足、ストレスによって、頭皮が糖化し硬くなって新陳代謝が悪くなります。この状態で育毛剤を使ったり頭皮ケアをしても、栄養分は毛穴の奥まで行き渡ることができません。

睡眠不足や極度のストレス過多な状態も、生活習慣の乱れの一つと言えるでしょう。特に睡眠不足は頭皮のターンオーバーを遅らせ、発毛を阻害する原因になるため、一日最低でも6~7時間は眠るだけの時間を確保するようにしてください。

食生活の改善も、手軽にできる育毛方法です。髪の毛は食事や飲み物から摂り入れるさまざまな栄養成分が元になっており、特にタンパク質・ミネラル・ビタミンは髪の毛を直接構成する重要な栄養素です。

インスタント食品やファストフード中心の食事では、髪に必要な栄養素を満足に摂ることはできません。太りたくないからといって特定の栄養素を大幅にカットしたり、サプリメントだけに頼る食生活も、育毛には逆効果になるので注意が必要です。

h5ホルモンの状態を把握する
年齢とともに分泌量が激減するものが女性ホルモンです。女性ホルモンの減少は加齢以外にも妊娠・出産、生理不順や生理の前後、ストレスレベルの増加、睡眠不足、ダイエット、激しい運動などによって大きく変動します。

女性ホルモンの分泌量が激減すると、発毛や髪の生え替わりに関わる「ヘアサイクル」に乱れが生じ、健康な髪が生えにくくなります。

つらい体調不良や急激な抜け毛、薄毛が気になる場合は婦人科を受診し、体調不良について相談してみてください。特に40代から60代にかけての20年間は更年期の影響が色濃くなる時期ですから、薄毛対策のためにホルモン療法などを検討してみるのも一つの方法です。

h5育毛を始めてみる
抜け毛や薄毛が気になった時こそ、育毛を始めてみましょう。今ある髪は大事にしつつ、新しい髪も健康的に成長させていくのが正しい育毛方法です。

af_photo_32

「マイナチュレ」は、育毛成分を40種類以上も含み、無添加&無香料で頭皮にも髪にもやさしい育毛剤です。天然由来の成分をたっぷり配合し、髪に必要となるアミノ酸も10種類配合しています。

「男性用の育毛剤は強すぎるし、ドラッグストアで売っている育毛剤は恥ずかしくて買えない…」という方は、マイナチュレで自然な発毛を目指していきましょう。

マイナチュレ育毛剤の口コミはこちら
button_012

マイナチュレの購入は公式サイトから
button_011