502111

「最近頭皮が透けて見えるようになった」
「髪の薄さが気になる」

というお悩みを持つ女性は、意外に少なくありません。

髪が薄いという事実だけでもイヤな気持ちになりますが、それをわざわざ人に相談するのは恥ずかしいですし、相談したところでどうやって対処すればいいのかという問題がありますよね。

実は、女性の薄毛には、遺伝や体質の問題以外にもさまざまな原因があるんです。

本記事では、薄毛にお悩みの方のために、薄毛の原因について紹介したいと思います。

女性の薄毛の原因とは

女性に多く見られる薄毛の原因は、大きく分けて以下のようになります。

h5フケが溜まることによる薄毛
乾燥肌やフケが出るような生活習慣をしていると、フケが頭皮を覆い肌の新陳代謝が低下します。

毎日のシャンプーで強い力で頭皮を擦っていたり、リンスを使わない、頭皮の保湿をしない、朝シャンをしてから外出し頭皮が乾燥する、シャンプーの回数自体が多すぎるなどといった原因が考えられます。

h5分け目を作っている
しっかり分け目を作ったヘアスタイルや、髪留め・ゴムなどを使って強い力で分け目を引っ張っていると、分け目だけが極端に薄くなる場合があります。

絶対に変えない分け目を持っていたり、髪をきつく縛るヘアスタイルは薄毛の原因になりやすいため注意が必要です。

h5脂性肌
脂性肌の方は頭頂部を中心に薄毛になるケースが多くみられます。皮脂が毛根に詰まると、健康な毛が生えにくくなり、抜け毛や薄毛が進行する可能性が高まります。

髪を洗わない(シャンプーをしない)、湯シャンだけで済ませる、肌に合わないシャンプーを使う、シャンプーを流しきれない、トリートメントやリンスで保湿をしすぎている、体質的に脂性肌である、油を使う食事が好き…という方は、頭皮がオイリーな状態に陥りやすいので注意しましょう。

h5出産
出産の前後は、ホルモンバランスの変化に伴う一時的な薄毛が考えられます。多くは時間の経過とともに戻りますが、まれにホルモンバランスや加齢、ストレスの影響で薄毛のまま改善しないケースもあります。

h5紫外線によるダメージ
頭は常に紫外線にさらされやすい部位であり、帽子をかぶらない場合さらに紫外線の影響を受けます。

特におでこや生え際を出すヘアスタイルや、同じ分け目のままで紫外線に当たると、そこだけが頭皮にダメージを受け、薄毛になる可能性があります。

h5過度なストレス
人間はあらゆるところからストレスを感じ続けている生き物です。人間関係、環境、仕事、課題、あるいはスポーツなどの肉体を酷使する活動もストレスになります。

ストレスを受けると血流が低下し、毛根にミネラルやビタミンなどの栄養素が行き届きにくくなります。新しい毛髪が作られても健康に育たず、途中で抜けてしまうとも言われています。

h5加齢
年齢とともに新陳代謝のスピードは低下し、新たな毛髪の生成も行われにくくなります。加齢は避けることのできない自然な現象ですが、それにともなって髪の生成もゆっくりと遅延していきます。

h5ヘアアレンジやヘアケアのし過ぎ
肌に合わないシャンプーを使ったり、髪に負担をかけるパーマやカラーリング、ヘアアレンジを短い周期で繰り返していると、髪と頭皮が疲弊しもろくなって、抜け毛を引き起こすことがあります。

頭皮の新陳代謝は加齢とともに遅延し、決して10代の頃と同じではありません。アレンジを繰り返すごとに抜け毛が増えていくと心得て、髪と頭皮を労るヘアケアを行いましょう。

h5疾患や薬の影響
免疫異常を引き起こし、抜け毛へと至る疾患や、抜け毛に繋がる薬剤を服用(あるいは塗布)している場合、抜け毛の量が増えて薄毛になる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?抜け毛の原因は1つではなく、中には複数の原因が重なっている場合もあります。

「最近髪の毛の量が減ってきた」と思ったら、まずは毎日の生活の中で「薄毛」を引き起こしている原因を探ってみてくださいね。

薄毛の改善に女性育毛剤を使うのもオススメの方法です。薄毛に悩む女性に人気の無添加育毛剤マイナチュレについての口コミはこちら

button_012