生え際の後退に悩む女性が最近では増えてきているそうです。このことを知った時、「私だけじゃなかったんだ」とちょっとホッとしたりもしました。

女性が薄毛で悩むのは、下記の4つパターンが挙げられます。

  1. 生え際
  2. 頭のてっぺん
  3. 分け目
  4. 頭髪全体が薄い
  5. 産後の薄毛

薄毛になる原因としては

  1. 加齢
  2. ホルモンバランス
  3. ストレス
  4. 生活習慣
  5. 間違ったヘアケア

私の場合は、生え際と分け目が当てはまりました。

分け目が薄くなる原因

number3_1頭皮に負担をかける髪型
普段から髪を結んだり、ひっつめなど髪の毛を引っ張る髪型にしていると髪や頭皮に負担がかかり、次第に薄くなっていきます。

number3_2紫外線の影響
頭は紫外線をもろに浴びる部位なので、その分、紫外線によるダメージを受けます。常に同じ分け目にしていると、ずーっと紫外線が当たり続けるので、ダメージで髪が薄くなりやすくなります。

生え際が薄くなる原因

number3_1血行不良
血行が悪くなると、頭皮や髪の成長に必要な栄養が十分に行きわたらなくなり、抜け毛や薄毛へつながっていきます。

血行不良の原因には、食生活の乱れ、眼精疲労、肩こりなどがあります。ですから、スマホやパソコンを長時間使うのは控えた方がいいでしょう。

number3_2ホルモンバランスの乱れ
女性の場合は、閉経を迎える年齢になると、ホルモンの分泌量が大きく変化します。それによってさまざまな不調が身体に現れてきます。その1つが薄毛ですね。

number3_3頭皮に負担をかけるヘアケア
洗浄力の強すぎるシャンプー、頭皮に大きな負担をかけるパーマやヘアカラーは、生え際を薄くする原因になります。

シャンプーに関しては、配合成分で選ぶこと、パーマやヘアカラーは、抜け毛や薄毛が気になる時には控えたり、美容師さんに相談するのもオススメです。

私の場合、分け目の薄さは、20年以上同じ分け目にしているのが原因と思われます。

生え際に関しては、3つとも当てはまっていました。なので、最も改善しやすいヘアケア用品をブランドチェンジから始めました。

現在進行形で、マイナチュレ育毛剤とシャンプーを使っています。

おかげで以前よりも、抜け毛がかなり減って、生え際も髪が増えてきました。少なくとも、前髪を上げると、ドキッとするほど生え際が薄い!なんて状況からは脱することができました。

生え際が薄くなると、まず美容院へ行くのが憂鬱になります。普段は前髪で生え際の薄さを隠していますが、
美容師さんにはバレバレですからね。もちろん、美容師さんは「生え際薄くなってますね~」なんてことは言いませんけどね。

それと、いくら前髪で隠していても、前髪自体がボリュームダウンしているので、なんとなく老けて見えるようになります。

どうやら、生え際の薄毛を改善するのには時間がかかるそうです。実際、私も改善がみられるようになるまで1年以上かかりました。

でも、つい最近うれしいことを言われました。

いつも行っている美容院で「炭酸水によるシャンプーを導入しました。1回500円ですが、どうですか?」と勧められたので、お願いしたところ「あまり皮脂が出ませんでしたよ、頭皮がキレイですね。普通はみなさん、皮脂がごっそり落ちるんですけど」とほめられました。

これも、マイナチュレ育毛剤とシャンプーのおかげかなと思っています。やはり、ヘアケア用品を変えるだけでもずいぶん違うことを体感しています。

もし、抜け毛や薄毛が少しでも気になり始めたら、育毛ケアはできるだけ早く始めた方がいいと思います。

やはり、手を打つのが早いのに越したことはありませんから。